ホームオンラインマニュアル > 銀行明細をインポートするまでの流れ

銀行明細をインポートするまでの流れ

銀行明細を用意します
今回は銀行の入金データに関して仕訳を自動化させるまでの流れを紹介します。では銀行のオンラインサイトから銀行明細を記したCSVファイルをダウンロードしましょう。 カード明細、POSデータ、経費明細など、日付、金額、理由がある会計データであればなんでも仕訳自動化が可能です。
会計モジュール起動
CSVファイルをRUCAROにインポートしたいと思います。会計モジュールを起動します。
仕訳帳ウィンドウ呼び出し
仕訳帳ウィンドウを呼び出します。
CSVファイル中身
下記CSVファイルをインポートします。
フィルタインポート
仕訳帳のリストボックスツールエリアにあるインポートボタンからフィルタインポートウィンドウを呼び出してインポートします。
結果
フィルタを設定していないので何もインポートできませんでしたが、取り込んだログが残っているので、「フィルタリトライ」という機能からフィルタと仕訳を同時に作成します。
ログ確認
先ほどインポートしたデータがログとして残っていますので確認します。今回のCSVデータで、日付に当たるのは、1列目の『 "日付" 』、金額に当たるのは4列目『 "入金金額(円)" 』、理由に当たるのが2列目『 "内容" 』になるのでそのように設定しましょう。
フィルタの設定
入金データである「ATM カビラ銀行」と一致するデータに「普通預金○○/現金○○」という仕訳が作成されるように設定し、保存ボタンを押します。
作成したい仕訳を設定
CSVファイルをRUCAROにインポートしたいと思います。会計モジュールを起動します。
結果
どうやら入金データに該当する行にすべてフィルタが適用されたみたいです。
仕訳帳ウィンドウで確認
仕訳帳のリストボックスツールエリアにある更新ボタンを押して仕訳が作成されたかどうか確認しましょう。
作業終了
一度フィルタを設定すれば後はデータを流し込むだけ。ECデータもちろんPOS、物流、給与等ありとあらゆるシステムで発生したCSVファイルを取り込むことができます。
戻る
RUCARO Co.,Ltd. All Right Reserved.