ホームオンラインマニュアル > 他社ソフトからのデータ移行

他社ソフトからのデータ移行

弥生形式のCSVファイルを用意します
RUCAROではRUCARO形式のCSVファイルと弥生形式のCSVファイルを取り込むことができます。今回は弥生形式のCSVファイルを簡単にRUCAROにインポートする過程を紹介します。
※ほとんどのクラウド会計ソフトで弥生形式のCSVファイルを仕訳帳から出力することができるようになっています。他社のマニュアルや案内に従って弥生形式のCSVファイルを入手してください。
事前準備
会計モジュールを起動し、他社ソフトで、弥生形式のCSVファイルをエクスポートした時の消費税設定をRUCAROに事前に設定しておきます。
※勘定科目、補助科目や部門はインポート時に自動で作成されるので事前に設定しておく必要はありません。
インポート作業
仕訳帳ウィンドウを呼び出した後、外部仕訳インポートウィンドウを呼び出します。呼び出したら弥生形式が選択されていることを確認し、インポートファイルを選択。あとはインポートボタンを押すだけです。
※CSVに保存されている仕訳が作業をしている会計期間内の仕訳でないとインポートできませんので注意してください。
作業完了
お疲れ様でした。これで移行完了です。もし期首残高の設定が必要な場合は、こちらを参照してください。
戻る
RUCARO Co.,Ltd. All Right Reserved.